笑顔になれる作品



このあいだは久しぶりにアトリエ丹歩歩さんに納品に行ってまいりました。ここでの展示会がきっかけでテコリーヌを知って興味を持ってくれた方が追ってオーダーをくださったり、大盛況だったマスクチャームにも引き続きリクエストがあったりと、細々とですが、そんなありがたい動きが継続しています。

今回はマスクチャームの補充を頼まれて行ったのですが、今年もまたどこかのタイミングでテコリーヌ展をやってくれませんかとオーナーのヒロコさんから嬉しいお言葉を頂きました。それに、以前の様なコラボ作品や合同出展もまた実現出来たらいいな、なんて言ってくださって。ありがとうございます!


このコラボ作品は2018年の丹歩歩での展示。2人のセンスを全力で注いだヴィーナス 「 ジャンヌ・ダルク2号 」です。




こちらは名古屋のクリエイターズマーケットでの合同出展。同じく2018年です。


2018年のクリマと言えば、これってその時のヒロコさんの作品だっけ、と思い出しました。

ヒロコさん考案のポーチです。あれ以来使っている私物なんですが、これ凄いんですよ。革をパッチワークの様に縫い合わせた素敵なポーチですが、素敵なだけじゃないんです。革と裏地の間にブラジャーのパッドが入ってまして、中に入れるもの ( 繊細な小物やアクセサリーなど ) を優しく保護してくれます。


更に、首から下げて持ち歩けます。


でも、凄いのはそこじゃないんです。ある仕掛けがあるんですよ。

こうやってファスナーを全開にして首から下げると…




なんとブラジャーに(笑)

その名も おっぱいポーチ!

いやいや、呆れないでください。このおっぱいポーチ、アトリエ丹歩歩さんで今でもリクエストがあって売れているという隠れた名品なんですから。私が愛用しているのですから間違いないです。このヒロコさんのセンス、面白いだけじゃなく首から下げた時のシルエットも計算されているところも、更にブラジャーのパッドを再利用しているのがエコとかリサイクルとか今流行りのサステイナブルなんちゃらだとかも包括していて凄いと思いませんか?


テコリーヌのお花のブローチなんて着けてみたりして(笑)

で、ふと思いました。くだらなくて思わず笑っちゃうような事を考えるのも、そういった作品を作る事も、今こそ必要なのかもしれない。人が笑顔になれる作品を作る事が。そのための探求心や勢いをもっと取り戻さなければ!