大鹿に魅せられし人々、春に集う。



4/13 ( 土 ) 朝6時半の国道152号線。数日前の急な降雪で4月中旬だと言うのにこんな景色でした。

ゼロ磁場で有名な分杭峠の頂上付近が、伊那市と大鹿村の境界線。


会場に着くと、大西公園の桜はまだツボミでした。そして顔見知りの作家さんらとの再会を喜び合いながらブースを設営するも、相変わらずのそのロケーションの壮大さに改めて圧倒されるテコリーヌなのでした。同じ県の、隣に位置する村の景色だというのに。




お天気も良いし村外からのお客さんも多くて賑やかに盛り上がっているし、カラオケや太鼓の演奏に村の子供達からお年寄りまでみんな笑顔で楽しんでるし、そうそう、こういう感じが正しい村まつりだよねェなんて思ったり。そうして清々しい山の空気を胸いっぱいに吸ってまったりとご機嫌でいたところ、なんとそんなテコリーヌをめがけて松本のサイトーさんご夫妻、そして愛知からはF井さん、この2組の登場という、本当にびっくりな事が起きました。なにせ今回は村まつりを満喫しながらこの後に続く出展の景気付けと予行演習のつもりでいたのですから…。そんなわけでこの日は想像以上に最高の出展始めになりました。サイトーさん、相変わらず奥様の可愛すぎる笑顔に癒された事と、今回もツーリングのお供としてテコリーヌ作品を選んでくださった事がとっても嬉しかったです。

F井さんの相変わらずな男っぷりには国王も歓喜。

F井さんと国王の渋~いツーショット。F井さんの相棒であるF代ちゃん ( 我が国の国宝の1つであるフグの剥製の作者 ) は体調不良で来れなかったそう。早く良くなりますように。

そして、大鹿村役場の職員TさんのMCによる毎年恒例のしゃけサンバが始まるとテコリーヌのテンションはMAXに。晴三さんを巻き込んでブース裏から全力で盛り上げます。横では国王と陶芸家のみゆきちゃんが、まただよ…みたいな顔で苦笑。

それから国王、大好きな鼻ぺちゃ犬との遭遇に物凄いご機嫌(笑)




世界の晴三さんと、癒しのミューズみゆきちゃんに両脇囲まれて出展出来たことも幸せでした。実行委員長の竹岡さん始め、携わった皆様ありがとうございました!こうしてイイ感じに助走がついたテコリーヌは、次の土日、群馬の森クラフトフェアに出展します。グンマーの皆様、よろしくお願いします!



コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    バイカー サイトー! (日曜日, 14 4月 2019 07:40)

    昨日はありがとうございました�
    早速本日のツーリングから重宝してます�
    なかなかの存在感ですが、思ったほど重くないです(笑)
    農作業の合間をみて、また襲撃しますね�(^-^)/(笑)
    国王さんにも会えて嬉しかったです�

  • #2

    バイカー サイトーさんへ。テコリーヌより。 (日曜日, 14 4月 2019 08:34)

    まさか、あの秘境にサイトーさん夫妻が現れるなんて夢にも思ってなかったものですから、すぐに気が付かなくて本当に失礼しました!

    私も密かに気に入っているあの特大金具のメリケンさん、手にした最初の人がサイトーさんっていうのがもう、なんか嬉しくて嬉しくて。本当にカッコイイのでガンガン使い倒してくださいね。今のところ、あれを持っているのは世界でサイトーさんただ1人です!

    また襲撃してくださるのを国王と共に楽しみにしてます!!