蒲郡のミステリーと蒲郡の奇跡



えびせんべいとちくわの共和国を通過して、ミカンの国にやって来たテコリーヌ。


湿った空気と曇天と、南国風味の樹木が迎えてくれた蒲郡。


それにしても去年と比べると、国王、お腹の張りが…
(気になる方は出展ギャラリーをご参照下さいませ)

気がかりだった足元のぬかるみはというと、張り切って既に自宅から長靴を履いてきていた私が周りから浮くほど、全く問題ありませんでした。

この日の開幕は10時。8時半頃からセッティングを始めたテコリーヌは大慌てです。だって、早くしないと朝ゼロを狙って来る人達が……そう、ここ愛知県で朝ゼロと言えばあの人達。テコリーヌ親衛隊・爆裂三人組です。モタモタしていたらまた陳列前に物色されて荒らされてしまう!

で、そんな彼女達の「ハイ来たー!」みたいな声が背中越しに聞こえたのは開幕30分前。朝ゼロ奪還おめでとうございます(笑) ハイ来ましたね〜!って振り返ると、この日は3人組ではなく、I島さんとK島さんの2人組でした。T田さんは大事な私用があって今回はお休みとのこと。T田さん、また再会出来る時までお身体も労わって元気でいてくださいね。

今回は、いつも鈍臭い私を口汚く罵りながら急かす国王さえも無言で準備を進め、口汚く罵り返す私も無言で集中。その甲斐あってか、この時点で準備はほぼ整っていました。誰かしらの朝ゼロ荒らしの被害もなく、開幕前からの堂々の接客スタートです。この頃には青空も出てきて良い感じ。さあさあ、テコリーヌマーケット in 蒲郡、どうぞご覧くださいませ♪ (ちょっと余裕)


言うまでもありませんが、朝早くに現れて場の空気を盛り上げたり気持ちを引っ張ってエンジン全開にしてくれる朝イチさんや朝ゼロさんの存在はテコリーヌにとって大きな大きな支えです。

それと、どうでもいい事なんですが今回から愛知3人組の呼び方を半イニシャル呼びにしてみました。今日来ているのは I島さんとK島さん。島と島でシマシマコンビですね!( 本当にどうでもいい )

この愛知の親衛隊が今年の夏頃から始めた無期限サンキャッチャー王座決定戦 ( 個人対抗なのか地区対抗なのか色々と詳細不明 ) の現王者、K島さん。リクエストの新色、持ってきましたよ!今回のこの新色を手にする最初の人はあなたです。

K島さんの笑顔が弾けると私の嬉しさも弾けます。こうして合計14個を保持することとなった絶対王者は、作った私でさえ「どこの違い?!」というほど細かい部分にもこだわりがあるらしいのです。ここまできますと、まだ手に入れてないデザインや色を把握しているのはもう本人のみです。たくさん並んでいる中からそれを見つけて手に取る素早さにはいつも驚かされますが、どうやらイベントで陳列したサンキャッチャーの写メを撮っていて、それを見て予習、復習、研究?をしているみたいなんですよ。だから、あっという間に追加で更に3個も持って行かれ…。ああもう!テコリーヌとしたことが、この人達にいちいち感動させられるのが腹立たしい!

ああ、そうですか。くらいの反応が出来ないものか…


そう思っている間にも、もう1人のシマシマさん…じゃなくてI島さんも既にゲットするつもりの作品を目の前に並べてニコニコしています。新作2点とウォレットチェーン。ああ、そうですか。マジですか。ありがとうございます。え?マジですか!? え? マ…(以下略)

なんと、I島さんはテコリーヌのトレードマークでありフラッグシップモデルのウォレットチェーン。そう、このホームページのTOPを飾るあの六芒星のウォレットチェーンを選んだのです。


マニアの底力というものをとことんまで見せつけてくれた愛知親衛隊。この人達があっと驚く様な作品で打ちのめすのが、テコリーヌの今後の課題になりました。


なんだか冒頭から朝ゼロ荒らしだの打ちのめすだのと物騒な言葉ばかり綴っていますが、実はこの親衛隊2人が現れてからちょっと経った頃、テコリーヌ襲撃のチャンスを虎視眈々と狙うもう1組の存在がありました。テコリーヌのブース前で楽しさを爆発させるシマシマコンビのパワーに押されつつも静かに静かににじり寄る2人組。今度はその2人に別次元からのトドメの一撃をくらうことになります。

この時点で私は気付きました。この母娘らしき2人のうち母と思しき人は、一年前のこのイベントで、私の私物のウォレットチェーンを娘の為にと、半ば無理矢理に購入して行った母、A川さんです。だから一緒にいるのは娘さんに違いないと。忘れるはずありません。私物だから売ることは出来ないって言ったのに、しかもそれを使う本人でも無いのに、値段なんていくらだっていいからそれを売ってくださいと言わんばかりの必死の訴えで言葉少なに一生懸命交渉してきた謎のご婦人です。何を聞いても必要最低限の会話で済まそうとする頑なさと、更に娘に頼まれたものを求めて翌日も現れたこと、あまりに不可解なその出来事はテコリーヌ史上「蒲郡のミステリー」として王国内で語り継がれていましたから。

おそらく間違いなくA川さんであろうこの母娘、そろりそろりと歩み寄ってはシマシマコンビがキャッキャとはしゃぐそのたびに1歩下がるの繰り返し(笑)いや、笑って見てる場合じゃない!声かけなきゃ。
向かって左側がA川さん母娘、右にいるのがシマシマコンビ。

お母様との1年ぶりの再会と、一年越しに逢えた娘さん、来てくださって本当にありがとう!胸がいっぱいです。そばで見守るI島さんも嬉しそうに目を細めて「娘さんに逢えたんだね〜!」って。マニアは何でも知っている!(笑)

結局、頑なに無口なお母様はただただ人見知りで奥ゆかしい人なだけだったことが判明。娘さんは去年は仕事で来られなかったんだそう。その娘さん、あの時からテコリーヌの私物だったチェーンをずっと愛用してくれていたのです。翌日にお母様が来てくださったのも、チェーン購入後に娘さんがblog内で見つけたハートのチャームを求めてのことでした。昨年は忘れて来てしまったけれど今回は持って来ていました。何故かきっと来てくれる様な気がして。


どれだけウォレットチェーンを気に入ってくれているか、その経年変化でハッキリわかりましたよ。言葉に出来ない程の嬉しさ、文字通り言葉が出ませんでした。こんなに愛されて、A川さんのもとに嫁いで行って本当に良かった!母は娘の好みを知り尽くしていて、娘はそんな母を信じて買い物を託していたってことだったのですよね。蒲郡のミステリーは、私が予想していたストーリーとは違って本当に理解し合っている母と娘の物語でした。


娘さんもやっぱり母譲りの恥ずかしがり屋さんでしたが、記念撮影に応じてくれました。そして別れ際にいずれまた再会する事を約束して心から感謝と感激のありがとうを告げたのですが…ですが…。しばらくするとまた戻って来て、やっぱり気になるのがあったからそれも買うとのこと。お母さん、お金貸して!って(笑)嬉しいじゃないですか。また戻って来て母に借金してまで買ってくれたそんな彼女が、会ったこともないテコリーヌのチェーンをこの1年愛用しつつ、今年の出展を知ってか知らずか、とにかくテコリーヌめがけて来てくれたことが今回のトドメの一撃となりました。

出展する度に、既にテコリーヌを知り尽くしている力強い親衛隊や、そこで出会った色んな人との色んな出来事があって、そのおかげで人の気持ちに触れて心が豊かになり、新しい経験として積まれていき…これがイベント出展の最大の魅力なのだと改めて実感します。

今年もやっぱりミカンの詰め放題を楽しんだ親衛隊と、そのミカンを貰ってぶりっ子する国王。ある意味どんな国王より恐ろしい…


屋台で揚げていたメヒカリの唐揚げの差し入れも。長野県では味わったことのない美味しさにおかわりをしようかと思ったほどでした。親衛隊と次にお会い出来るのは12月の名古屋のクリエイターズマーケットですね。既に有給をとって備えているという彼女達には招待チケットを贈呈。お互い英気を養って再会を楽しみましょうね!


この日のお客さんというか、テコリーヌのピークというか、初日のエピソードの全てはこの時点で終わりです。時刻はだいたい正午。以降、MMH(メチャメチャヒマ)。唯一、もの凄く興味を持って見ていってくれたのは、はじめましてのH田さんご夫妻。本当のクラフトファンだってことがとても伝わってきました。クリマにも出かけるからテコリーヌを探して会いに行くと言ってくれたんです。招待チケットは使い果たしちゃったけど出展者紹介割引券なるものがあるのでそちらをお渡ししました。楽しみが増えましたよ!



そしてイベント2日目。昨日の午前中にいっぺんにやって来た感激の襲来、それが今回の蒲郡の全てになるのかなー、などと割と本気で思いながらの準備を経て9時開幕。何故そう思ったかと言いますと、今年の蒲郡は訪れる人々からクラフト熱みたいなものがあまり感じられないのです。出展者も含めて全体的に街の催し的なゆるいお祭り感とフリーマーケット感が満載でしたし、訪問者もそれに合った雰囲気の人々が圧倒的多数でした。去年の台風による悪天候にいらしたクラフト愛溢れる情熱を持ったお客様達はどこに行ってしまったのでしょうか。でもここで理由とか分析とかしてもしょうがないのでそこには触れませんが、同じイベントでもその年によって違うことはまあまあ良くあります。これを読んでいる作家さんの立場の方々は、テコリーヌが「何処そこサイコー!!」と言ったからと言って鵜呑みにしてはいけません(笑)テコリーヌだって、以前はそれで良く暴走して勝手に騙されてましたから。お天気と一緒でタイミングや運もありましょうが、結局は自分に合ったステージや居場所は自分の頭と経験で探し当てて行くしかないってことですよね。


実はそんなでしたから、実際テコリーヌは周りからもちょっと浮いてたんじゃないかと思います。けれども蒲郡の神様はよほど慈悲深いのか、開幕から1時間ほどのところで何だか奇妙な現象が……

こんな、のどかな街の催しにバイカー集団?!テコリーヌも浮いてるけれど、それ以上に浮いてる人達が集まって来て、傍から見たらそこだけ異空間なんだけど、テコリーヌ的には違和感ゼロ(笑)

地元の中年暴走族「蒲郡鐵騎旅団」ご一行様、はじめまして!押忍!


なんか分からないけど盛り上がるしテンション上がるしお買い物してくださるし、もう本当にありがとうございます!団長のHさんと団員のHさん(どちらもHさん)がチュッパチャプスホルダーを迷わず購入。

中年ちょい悪オヤジがチュッパチャプスですよ。狂ってますねー、ロックですねー、最高!


思わぬ出会いに感謝です。皆様、これからも安全運転で鐵騎生活を楽しんでくださいね!

そして、当初後ろの方で口数少なくニコニコしていた団員Wさん、いちどみんなでその場を去った後、今度は自分の娘さんを連れて親子2人で再訪問してくれたのです。昨日の蒲郡のミステリーじゃないけれど、このイベントは想定外が多すぎます。蒲郡の奇跡か!

Wさんは親子仲良く真鍮のイカついキーホルダー系のアイテムをチョイス。それにしてもお父さんの影響なのか、革ジャンをモデルみたいにクールに着こなす娘さん、まだ中学生だなんて信じられない!しかも、カッコイイし自慢のお父さんですって、本人いる前で素直に堂々と言えちゃう思春期の娘って…。「無銭飲食」とプリントされた団員オリジナルTシャツを着た ちょい悪オヤジWさん、デレデレ。あっ、もしかして「添加物100%」に共感して皆様集まってくれたのでしょうかね?(笑)

お買い物してくれたお客さんは以上!午前中の出来事でした。で、そこからまたMMHになったのかといいますと、この日は違いました。後ろの方で「テコちゃん、テコちゃん!」と呼ばれた気がして、幻聴か?と思って振り向くと、そこにはあのフグのF代ちゃんと、隣には知らない女の子が。わああF代ちゃん!思わずハグ。初めてお会いする女の子はF代ちゃんの友達T美ちゃん。何故かブースの後ろから声をかけてきてそのままブースの後ろから侵入する2人を遠くから見ていた国王も、バックヤードから入って来る不届き者は誰だ!と歓迎に駆けつけます。渥美半島に住んでいるF代ちゃん、去年も悪天候の中来てくれたんだよね。今年はお友達も一緒に、ありがとう!更にメヒカリの唐揚げも差し入れてくれてありがとう!昨日おかわりしなくて良かった(笑)そしてこの人達もやっぱりミカンの詰め放題をしに行くんですよ。ミカンの国の人だからミカンが大好きなのでしょうか?リンゴの国のテコリーヌはリンゴなど頂かない限り買ってまで自発的に食べるなんてことはありません。親衛隊の時もそうだけど、ミカンの詰まったレジ袋も一緒に写ってるのが、なんか意味もなく可笑しいんです。テコリーヌ王国はフルーツに興味が無く、買ってまで食べる習慣も無いからなんでしょうね。あ、嫌いじゃないんですよ。貰って食べると美味しい!ってなります(笑)

このあとF代ちゃんとT美ちゃんは静岡で開催されているクラフト市「吉田公園クラフトフェア」に向かいました。地理が分からないけど、ここからだと3時間近くかかるのではないかな?まあパワフルです。でもその前に変態です。だってF代ちゃん、昨日も吉田公園に行ったんだよね? ま、そんな彼女だから私は大好きなんですけどね。でもT美ちゃんにとっては初めて行くわけだから、吉田公園ならもしかしたら本物のクラフト市が味わえて、その魅力が伝わったかもしれませんね。

そしてF代ちゃん達が去った後にひとりでやって来たF代ちゃんの彼氏。もうどうなっちゃってるんでしょうかね(笑)でもそのおかげでこの日はヒマな時間も寂しい思いも無く過ごせました。で、この日F代ちゃんの彼氏が言った言葉がまた上手いこと私が常々思っていることを集約していたんです。

「キチガイの少ないクラフト市はつまらない」

これです。私も良く言ってます。もう少しマイルドな表現として「変態」と。



こういうこと(国王で遊ぶ私)みたいな変態とは違いますよ(笑)


今年の蒲郡も不思議な御加護に恵まれて、実り多き経験になりました。携わった全ての皆様、竹島の弁天様、天国から見守っていてくれたかもしれないテコリーヌの愛知の母 真智子さん、ありがとうございました!

さて、次はヨコハマハンドメイドマルシェ。初めての横浜進出。東京も大阪も「屁でもねえ!」とイキる国王が何故か怯える横浜。謎です(笑)


アモーン

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    愛知県民I (火曜日, 30 10月 2018 09:27)

    お疲れ様でーっっす!
    今回は蒲郡の開催で、ライバルはいないであろうと予想できていても、鼻息荒くドヤ顔で朝ゼロGetさせて頂きました(笑)毎回のごとく素敵な新作を荒らしていき、仕事かばんの添加物トートが作品で大変なことになってきております(笑)お、重い・・・
    T田さんがいない爆裂二人組でパンチに欠けたかもしれませんが(?)、回を重ねるごとに楽しさ右肩上がりです!
    特に今回、テコさん方の素敵なお気持ちに触れて、前回の王妃ではないけれど、幸せな気持ちに涙しそうでした。こんな素敵な国王と王妃にどこまでもついて(憑いて)いきます‼
    王妃からの指令、《T田さんへのお預かりもの》と、国王からの指令、《‟へびとんぼ”と‟グリーンファーム”検索》の指令も完了しました(笑)
    次回はクリマですね!クリマは二日間出没しますので心して来てください( ̄ー ̄)ニヤリ
    楽しみにしています!
    蒲郡ありがとうございました!

  • #2

    愛知県民Iさんへ。テコリーヌより。 (水曜日, 31 10月 2018 06:07)

    泣けば良かったのに~。と国王は言ってますが、I島さん、あのくらいで泣いてはいけませんからね(笑)

    それにしても会う度にパワーを増してくる爆裂隊の破壊力。2人でも3人分、いや、それ以上だったかもしれません!でも、その場に居なかったT田さんが実はいちばん芯の強い変態ではないかと私は密かに思ってます(笑)

    たっぷり頂いた楽しい時間と美味しい差し入れ、それに私と国王からの指令?も。本当にありがとうございました!

    クリマでは先ずテコリーヌ王国(ホーム)に集合し、そこから会場荒らしへと出陣、そんなコースを存分に楽しんで頂きたいと思ってます!

    それから、どうかテコリーヌグッズは週替わりくらいで、ほどほどの数を取っかえ引っ変えして楽しんでください。着けたいものを全部着けると、国王も言っていた様にズボンが下がりますし、私の様に腰痛が悪化したりします。欲張るとロクなことありませんからね(笑) お互い、末永く元気にクラフト生活を続けるためにも(^^)